テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の本質を知れば世界が変わる

FXの基礎編

FXで勝つためには、しっかりと分析力を磨き、根拠を持ったトレードルールを確立すべきであるとされています。猫道場でも終始そのように訴えています。

分析には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つのアプローチがありますが、そのどちらにも功罪両面が指摘されています。したがって、初心者としては、それぞれの特徴を把握したうえで、どの方法が勝ちに結びつくのかを理解する必要があります。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

テクニカル分析はオカルトか

 

マルコフ性が導き出す

テクニカル分析は、過去の値動きをベースに未来の値動きを予想する分析法ですが、大前提として、学術的結論からテクニカル分析は否定されているという事実があります。相場の将来の変動は過去の値動きとは無関係であるとされているのです。これを専門用語で「マルコフ性」といいます。

人は見たいものを見ている

チャートには、さまざまな形が現出します。本来、それらの形は偶然の賜物であるにも関わらず、人はそれらの現象からパターンや法則性のようなものを見いだし、過去のデータとそれらが合致するケースを結びつけるのです。

たしかに、テクニカル分析によるチャートパターンと一致するようなケースもありますが、まったく一致しないパターンも同じようにあります。しかし、テクニカル分析が合致した成功例だけが印象に残ると、その有効性が心に刻まれます。「人は見たいものを見ている」わけです。

テクニカル分析を前提にトレードする人がいるという事実

テクニカル分析そのものについてはオカルト性があるのかもしれません。しかし、注目しておきたいのは、ローソク足やボリンジャーバンド、RDIやストキャスティクスといったテクニカルの「仮説」を前提として、実際に投資行動を決める投資家がたくさんいるという事実です。

このようなことから、そのオカルト性は別にして、少なくとも短期的な局面においてテクニカル分析は有効に働く可能性があると考えていいのではないでしょうか。

ファンダメンタルズ分析は難しいか

ファンダメンタルズを活用する人

ファンダメンタルズ分析とは「為替に影響を与える世界情勢や経済状況の分析」です。為替は、投資家の心理状態によっても左右されますが、世界の景気や経済状況によって大きく変動していくものです。プロのFXトレーダーやファンドなどの大規模投資家は、かならずファンダメンタルズ分析をおこなっています。

アマチュアトレーダーも導入できるのか

ファンダメンタルズが為替に与える影響は予測が難しいものです。為替の変動には実にさまざまな要素が関係しているからです。そもそも、世界全体の経済状況や景気を全て把握しようとすると、膨大な時間と手間がかかります。プロトレーダーと比較して、圧倒的に情報量も分析力も劣るアマチュアが同じ土俵でかれらと勝負することは不可能です。

そのため、一般的なトレーダーはファンダメンタルズを活用することはやめて、テクニカル分析一本で勝負するべきという主張が多いのは事実です。世界全体の経済状況や景気を全て把握するのは現実的ではありませんが、自分が取引をする通貨の国について、ある程度の分析をすすめることは可能ではないでしょうか。

ポイントは情報源を絞ること

為替にインパクトを与える条件

分析の前に、為替に影響を与えるおもな条件を確認していきましょう。

・経済指標(経済成長率、雇用状況など)
・金融政策
・要人発言
・事件(政変や戦争など)や事故(大規模然災害など)

現実的に、これらすべてのトピックスを把握することは難しいでしょう。とくに、「事件・事故」を事前に予想することは不可能です。そこで、トレーダーが注目しておきたいのは「経済指標」と「金融政策」です。

一般投資家がファンダメンタルズを活用する場面

ファンダメンタルズ分析は、中長期トレードとの相性がいいといわれています。景気や経済状況といった大きな流れを読み取ることにより、中長期の動きを予想することができるのです。また、デイトレードにおいては、要人発言や経済指標の発表日前後の値動きを予想するヒントとなり得ます。

FX会社のニュースや配信を活用する

FX会社が発信する為替に関わるニュースを欠かさずチェックしましょう。そのほか、各社が配信している「経済指標カレンダー」も非常に有用です。指標の予測やニュースの重要度も示されているので、これらを参考にするだけでも基本的なファンダメンタルズ分析をおこなうことが可能です。

圧倒的に(ドル/円)が有利である理由

日本との関係が希薄な外国の情報を入手することは困難です。金利の高い「トルコリラ」や「南アフリカランド」「メキシコペソ」などは日本のトレーダーにも人気がある通貨ですが、実際問題として、これらの国々の情報は日本国内で充分に得られるものでしょうか。

その点でも、日本のトレーダーがドルに投資する意味はあります。アメリカの「経済指標」や「金融政策」は、日本にいながらも正確に得ることができます。

テクニカルとファンダメンタルズの組合せがベスト

初心者トレーダーの市場分析は、テクニカルが基本になると思います。テクニカル分析のオカルト説には一理あるかもしれませんが、売買が人間の心理を反映している以上、テクニカル分析が無駄であると切り捨てる言説には猫道場としては否定的です。

そのうえで、ファンダメンタルズの要素も可能な限り取り入れていくと、トレードはより有利になるはずです。実際にチャートを観察してみるとわかりますが、テロや紛争の発生時や金融政策の発表時、要人発言があった時などは大きく相場が変動するのがわかります。それらの意味でも、投資は情報量が圧倒的に多い(ドル/円)に絞ることが合理的だと考えられるわけです。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP