初心者でも使えるオシレーター系MACDはそれほど難しくない

テクニカル編

FX初心者にとってもテクニカル分析は欠かせない売買ツールです。テクニカル分析には大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」と呼ばれる2つの種類がありますが、今回は代表的なオシレーター系のテクニカル分析「MACD」を紹介します。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

オシレーター系のテクニカル分析とは

トレンド系はトレンドの方向を予測するテクニカル分析で、オシレーター系は相場の中で「買われすぎ、売られすぎ」を判断するテクニカル分析です。それぞれ特徴があるので、どちらが優れているというものではありません。早速、今回のテーマである代表的なオシレーター系分析ツールを紹介します。

RSI

RSI」は相対力指数とも呼ばれており、「買われすぎ・売られすぎ」を数値化した分析ツールです。数値は(0~100%)で示され、(70~80%)を超えると買われ過ぎ、(20~30%)を下回ると売られ過ぎで、それぞれがトレンド反転のサインとされています。

逆張りトレードの参考指標として使われることが多く、レンジ相場で有効に機能しますが、トレンド相場では機能しないことが多いので注意が必要です。

MACD

MACD(マックディー)」は、移動平均線の分析精度を高めるために開発されたテクニカル指標です。短期と中期の移動平均線を組み合わせて2本のラインを引き、線の交差点に注目するものです。比較的シンプルで使いやすいテクニカル指標です。

ストキャスティクス

ストキャスティクス」はレンジ相場における一定期間の高値と安値を元にして、現在価格の「買われすぎ・売られすぎ」を判断する分析ツールです。動きの速い「%K(パーセントK)ライン」と動きの緩やかな「%D(パーセントD)ライン」の2つを使って、売買シグナルの有無を判定します。

初心者におススメしたいのはMACD

3つの手法は、どれも初心者でも取り組みやすい分析ツールですが、なかでも猫道場がおススメしたいのはMACDです。MACDは数あるテクニカル手法のなかでも精度が高く、とくに新規売買のシグナルと、トレンドの方向性を認識するのに有効とされています。

MACDの分析精度と使い勝手の良さ

MACDは、移動平均線をベースにして、さらに精度の高い分析を可能にしているので、愛用するベテラン投資家も非常に多いです。最初は少し手間取るかもしれませんが、慣れてしまえば初心者でも簡単に運用することができます。

MACDの使い方の基礎

MACDで使用する2本のライン(MACDとシグナル)は以下のように算出します。

・MACD⇒短期EMA(指数平滑移動平均線)-長期EMA(指数平滑移動平均線)
・シグナル⇒MACDのSMA(単純移動平均線 )

難しいことはともかく、導入する際には以下の4つのポイントを覚えておくといいでしょう。

MACDとシグナルが交差する地点

MACDとシグナルが交差する地点で売買サインを読み解きます。その見方は移動平均線と同じです。

・ゴールデンクロス⇒MACDがシグナルを上に抜けると「買い」のサイン
・デッドクロス⇒MACDがシグナルを下に抜けると「売り」のサイン

ヒストグラム

MACDからシグナルの値を引いて棒グラフにしたものを「ヒストグラム」といい、MACDとシグナルの交差点(ゴールデンクロス、デッドクロス)はゼロライン(ヒストグラム=0)となり、そのポイントがエントリーのサインです。

・ゴールデンクロス⇒ゼロラインで「買い」のサイン
・デッドクロス⇒ゼロラインで「売り」のサイン

MACDとシグナルがゼロのラインと交差する地点

MACDとシグナルがゼロラインと交差するサインからは、売買のシグナルだけではなく相場のトレンド把握が可能です。

・MACDとシグナルがゼロラインを上抜けると「上昇トレンドの継続」を示唆
・MACDとシグナルがゼロラインを下抜けると「下降トレンドの継続」を示唆

現在のトレンドの勢いの強弱を把握するために有効なサインであるといえるでしょう。この場合は順張りでエントリーするのが定石です。

ダイバージェンス

ダイバージェンス」とは、価格とテクニカル指標が逆行している状態を指します。たとえば、価格は上昇しているのにMACDが下がっている状態です。トレンド発生時にダイバージェンスが出現した場合はトレンドが弱まっているサインとなり、トレンド転換の可能性を強く示唆しているため、注意が必要です。

MACDの上手な使い方

MACDは単体でも有効性の高いツールとして機能しますが、ほかのテクニカル指標と組み合わせることによって、より信頼度の高い売買シグナルとして活用できます。

たとえば、RSIと組み合わせることで、MACDでは認識できない相場の過熱感も併せて判断材料とすることができます。そのほか、一般的にはオシレーター系にはトレンド系との組み合わせが、双方の弱点をおぎなううえで有効とされるようです。

テクニカル分析の限界

テクニカル分析は万能ではない

テクニカル分析は相場を予測する上で非常に有効な手段ですが、万能ではありません。あくまでも過去のチャートから導き出した「経験則」にすぎないのです。もちろん、過去のチャートからの分析は視覚的にもわかりやすく、投資家の投資行動に直接繋がるという厳然とした事実があります。

したがって、猫道場主としても「テクニカルはオカルトである」という意見には否定的です。それでも、過去チャートがそのまま未来にもトレースされるとは限らない現実があり、分析に限界があることについては、心の隅に置いておく必要があります。

理想はファンダメンタルズとの組み合わせ

このように、テクニカル分析には限界があるので、テクニカル分析に加えてファンダメンタルズ分析を組み合わせるのが理想です。高度なファンダメンタルズの導入は難しくても、最低でもアメリカの経済指標やFOMCの発表はチェックして、中期的な相場分析をするように心がけましょう。

自分に合った手法を見つけよう

パーフェクトな手法は存在しません。それぞれ長所短所があるので、最終的には自分の感性で選びましょう。「なんとなく信じられない」といった疑心暗鬼で取り組んでも好結果は得られないので、自分の感性と合致するかどうかは重要なポイントです。

自分の分析手法が固まると、オリジナルのテクニカルチャートができ上がります。これを利用して実際にトレードをおこない、反省点を確認して改善するというプロセスを経ることによって、トレードのスキルアップに役立ちます。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP