海外FX会社で最大レバレッジのトレードをするとどうなるか

初心者を狙う罠

FXには、自己資金を担保に実際の口座残高の金額以上の取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあります。レバレッジを大きくするほど大きな収益を得られる期待がありますが、当然ながら、損失リスクも同じように大きくなります。

猫道場でも過大なレバレッジは控えたほうがいいと考えていますが、今回は主張を逆手にとって、海外FX会社で最大レバレッジによるトレードをシミュレーションしてみました。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

国内FX会社と海外FX会社の違い

トレードの前に、国内FX会社と海外FX会社の違いを確認しておきましょう。

レバレッジの実態

日本国内のFX会社のレバレッジは、法規制により最大25倍に限定されています。一方、海外業者は日本の規制外なので、500倍とか、888倍、あるいは1000倍以上のハイレバレッジが設定されている口座があります。

追証の有無

国内のFX会社では、トレードで一定金額以上の負債が発生した場合に、追証(追加資金を口座に入れること)をする必要があります。

ところが、海外FX業者の場合は証拠金以上の負債を負っても追証を入れる必要がありません。含み損が口座残高を上回った場合は、業者が負債分を補填し、残高をゼロにして自動的に取引を中止する「ゼロカットシステム」を導入しているからです。負債が一定額までに限定されるので、トレーダーにとっては有難いシステムではあります。なお、国内FXの場合は、ゼロカットは法律で禁じられています。

スプレッドの違い

一般的に、国内FX会社よりも海外業者のほうがスプレッドは大きいです。スプレッドのほかに取引手数料が発生する口座もあります。

サービスの違い

口座開設のボーナス

国内FXでも口座開設時にボーナスが付与されるサービスをおこなっていますが、この点においては、海外業者のほうがサービスは手厚いです。

取り扱い通貨

国内FXと比較すると、海外FXの取り扱い通貨は限定的です。もちろんドルやユーロのような主要通貨はどこの業者も扱っていますが、マイナー通貨の取り扱いは業者によって異なります。

猫道場主がハイレバレッジトレードにチャレンジしてみる

トレードの前提

猫道場主は「最大レバレッジ1000倍」の口座でトレードを開始します。予算は50万円です。

海外業者といっても一発勝負で50万円を賭けることができる業者は少なく、金額制限がかかっていることが多いです。この業者の場合も、1000倍のレバレッジにおけるトレード上限は200ドルまでとなっています。

ゼロカットシステムの盲点

トレードの際に注意しておきたいのは、ゼロカットシステムのデメリットです。ゼロカットシステムは中長期の取引を難しくしてしまうことがあるのです。

たとえば、ある日50万円の損失をし、翌日に100万円得をしているケースを考えてみましょう。国内FXであれば50万円の含み損が出たところで追証をすれば、翌日に100万円の利益を得ることができますが、海外FXでは、50万円の含み損が発生した瞬間にゼロカットが発動し、口座残高をゼロにして清算してしまいます。

もちろんこれは結果論ですが、戦術の選択肢が狭いという点で、ゼロカットシステムには限界があることを示しています。

デイトレードにチャレンジする

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

現在の相場は(ドル=150円)だ。今後、FRBはさらに金利上げを見込んでいるし、日銀は金利を上積みしない。中期的な円安トレンドは間違いなさそうだが、数か月前に日銀の為替介入があって、一瞬逆行したことがあった。為替介入がいつあるかわからないので中期トレードは危ない。ここはデイトレードで勝負だ!

猫道場主は中期トレードのリスクが大きいと判断し、デイトレードで挑むことにしました。

・取り扱い通貨ペアは(ドル/円)
・(ドル/円)をレバレッジ1000倍で200ドル買う

ところが、思惑が完全に裏目に出てしまいました。ドルの値上がりを見越して参入したものの、突如円が反転して(150⇒147円)まで急騰してしまったのです。最悪のタイミングで日銀の介入があった模様です。この時点の含み損はこのようになります。

(150-147=3)×200×1000=600,000円

含み損が証拠金50万円を上回り、ロスカットが発動しました。猫道場主は資金のすべてを一回の取引で失ってしまったのです。

ハイレバレッジの危険性

猫道場主の架空の即死パターンを紹介しました。誰もが、こんなバカバカしい投資をする人がいるはずはないと考えるでしょう。ところが、実際にハイリスクトレードの魔力に取り込まれてしまう人がいるのは事実です。最後にその理由を解説しましょう。

依存症の恐怖

猫道場主は資金50万円を一瞬で失いましたが、それとは逆に50万円の利益を手にする可能性もあったわけです。それどころか、もし「レバレッジ1000倍、トレード上限なし」の口座であれば、一発で数千万円の利益が発生したはずです。

ところが、これがハイレバレッジの恐ろしさです。実際に大金を手に入れた後はどうなるでしょうか。おそらく猫道場主は、その強烈な成功体験やスリルが忘れられず、さらにリスクの高い取引を繰り返し、最終的に資産のほとんどを失ってしまいます。実際にそんなケースがよく見られるのです。

取引ルールが破壊される

FXはあらゆる状況下で合理的な判断が求められる心理ゲームであり、事前に決めたルールで損切りすることや無駄なエントリーをしないことが、勝ち残るための重要なルール管理です。

しかし、ハイレバレッジトレードにおいて、ルールを確実に守れるトレーダーがどれぐらいいるでしょうか。目の前の数百万円もの損切りの必要が迫っているとして、猫道場主であれば、決断できるかどうか微妙です。このようにして、トレーダーの取引ルールは破壊されてしまいます。

猫道場はハイレバレッジトレードを推奨しません

今回は極端なシミュレーションを披露しましたが、もちろんこのようなトレードは絶対におススメできません。高倍率のハイレバレッジ取引によって、一瞬莫大な利益が出る可能性もありますが、博打トレードはかならず破綻します。

初心者は「FXで大儲け」の甘い罠にはまらないように充分注意しましょう。とくに、大負けしたあとのメンタルが不安定な時期が危険です。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP